下水道研究会議TOP > 下水道研究会議とは

 下水道研究会議とは

1.設立と目的

 昭和42年2月、政令指定都市を除く一般都市の下水道担当部局長が会員となり発足しました。この会議の目的は、一般市、国及び関係機関が連携し、下水道事業が抱える技術的、経営的課題の解決に向けて、調査研究を行ない、下水道事業の促進に資することにあります。


2.活動内容

  • 要望活動【以前の活動】
     設立当初は、一般都市の課題や要求を国に伝える手段として実施していました。
     また、当初の役員会では、建設省や(社)日本下水道協会の方々に加え、国会議員の出席をいただき、一般都市のかかえる課題を伝えると共に、解決策の意見交換が行われた。最近では、以前のような大規模な要望活動は自粛され、必要な場合に実施することとし、平成16年を最後に、活動を停止しています。
  • 分科会【現在の活動】
     下水道研究会議の目的にあるように、一般都市の下水道事業のレベルアップを図るため、助言者(国土交通省・国土技術政策総合研究所・(公社)日本下水道協会・日本下水道事業団・(公財)日本下水道新技術機構)からアドバイスをいただきながら、会員相互の意見交換会を実施しています。  具体的には、次のことを実施しています。
    1. 先進事例の発表
    2. 会員の抱える課題に関するアンケート結果に対する意見交換

  • 国等外部機関の講演【現在の活動】  幹事会と定時総会において来賓を招き講演を実施しています。
    1. 国土交通省                         
    2. 国土技術政策総合研究所                         
    3. (公社)日本下水道協会
    4. 日本下水道事業団
    5. (公財)日本下水道新技術機構                         
    6. 土木研究所

    過去の講演資料(一部非公開有)はこちら

3.会員数【平成29年1月16日現在】

  73市
 


4.費用

 会員の皆様にご負担いただく費用は次のとおりです。
 総会・分科会   出席負担金、情報交換会費用、旅費及び宿泊費
 勉強会      情報交換会費用、旅費及び宿泊費
 年会費      現在は無料です。
 

5.その他

  • 情報交換会(懇親会)
     情報交換会(懇親会)は出席来賓の方々(国土交通省・国土技術政策総合研究所・(公社)日本下水道協会・日本下水道事業団・(公財)日本下水道新技術機構)と直接お話しできる場であり、国土交通省の皆様もこの時間を有効に活用したいとお話しされています

6.資料

下水道研究会議TOP